みんなの相続Q&A - 生前の還付金

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‰ã®é‚„付金

キーワード

相続財産 譲渡所得と所得税

生前の還付金

・今年2月に父が亡くなりました。
・それに合わせて限定承認の書類を家裁に提出いたしました。
・限定承認の決定はまだ家裁より下りていません。
・法定相続人は私一人です。

質問事項1
5月に入り 税務署よりH17年度(4年前)の加算税&延滞税の納付書が送られて来ました。
合わせて 18年度、19年度の還付金の返還もしたとのことでした。
理由は分かりませんが、今更ながら所得税の還付金が返還されます。
通常ならば18,19年度に関しては既に還付されているべきもの。
更に、通常であれば生前に還付されていたはずのもの。

今回還付されるものは本来であれば生前還付されているべきものなのに
相続課税対象になるのでしょうか?
理由はどうあれ相続人が受領することで相続財産とみなされるということでしょうか?

相続財産であれば限定承認をしていますので
財産目録に還付金を記述しなければいけません。
本来であれば、生前に父がもらえていた還付金を
財産目録に入れるということが腑に落ちません。

ぜひ、ご教授いただければと思います。

質問者ニック さん 質問日2009年5月26日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年5月28日

お父様が生前還付金を受け取っていたら,
その分,財産目録の現金ないし預金の部分
が増え,それが相続財産になるのですから,
どっちでもいいのでは?

税理士の回答

税理士法人プラス 大阪事務所
専門家税理士法人プラス 大阪事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月27日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ニック様

税理士法人プラスです。
どういった事情であるのかわかりませんが、お父様が受け取るべきだった還付金は、お父様の遺産になると思われます。

お父様が本来生前に受け取って、現金が増えていたはずのものが、後になって振り込まれたわけですので、未収入金に該当する事になります。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ニック様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

還付金は、本来お父様が受け取るべきものです。
現金を受け取る権利があるという意味で、相続財産になりますので、「相続財産とみなされる」のではなく、元々相続財産になるものです。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

還付金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する