みんなの相続Q&A - 相続した家を売却したら

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã—た家を売却したら

キーワード

不動産の相続 譲渡所得と所得税 不動産の売却 確定申告

相続した家を売却したら

母の遺産を相続しました。父も他界して一人っ子です。預貯金と生命保険で2500万。家&土地
が母名義でしたので、自分名義に変更しました。
それがこの度売れる事になりました。1350万です。
もともと父名義の家でしたが、亡くなり、母が
相続して登記して住んでいました。そして母が亡くなり私に相続された事になります。
相続税の対象にはならないのですが、家の売却によって得られたものに税金はかかりますか?
ちなみにいくらですか?申告は必要なのでしょうか?
ちなみに私は県外に嫁いでおり、主人名義の家に住んでいます。専業主婦で扶養されています。
よろしくお願い致します・

質問者鈴木恵 さん 質問日2009年5月22日

税理士の回答

税理士法人プラス 大阪事務所
専門家税理士法人プラス 大阪事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

鈴木様

税理士法人プラスです。
ご質問についてですが、不動産を売却されると譲渡所得税が課税されます。

所得税の申告は、必要です。
税金は、簡単には次の2パターンございます。

①今回の売却価額が、お父様が不動産を購入された時の購入価格よりも安い場合は、税金はかかりません。

②売却不動産の購入価格が不明である、または先祖から受け継いできた物件である場合は、売却価額の約20%が税金(所得税・住民税)と考えていただいたらよいと思います。(厳密に計算すると、もう少し少なくなりますが)

②に該当する場合は、本年において鈴木様はご主人様の扶養から外れますので、ご注意ください。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

次の計算で譲渡所得が算出され、利益があるときは課税されますので、申告と納税が必要です

1350万円ーお父様が購入された金額から建物の減価償却費を控除した金額(不明のときは1350万円の5%の67.5万円)ーお父様の相続のときの名義変更等費用ー売却時の仲介手数料ー収入印紙代ーその他売るためにかかった費用ー基礎控除38万円=課税所得金額

税額は課税所得金額の20%(所得税15%+住民税5%)です。又基礎控除を引く前の所得金額が76万円を超えるとご主人の扶養にはなりませんので、配偶者控除又は配偶者特別控除の適用がありません。その旨年末に会社に届け出ることが必要です。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

鈴木恵様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

土地や建物を売却されますと、所得税がかかります。
売却される不動産の購入金額がわからないときは、大雑把に売却金額の20%程度が所得税となりますので、270万円前後になると思われます。

売却をして得た利益の金額によりましては、扶養から外れることになります。
所得税の扶養だけでなく健康保険の扶養からも外れる可能性がありますので、ご注意ください。
扶養から外れるときは、国民健康保険や国民年金に加入することになります。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する