みんなの相続Q&A - 成年後見取得と遺産相続について教えて下さい

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æˆå¹´å¾Œè¦‹å–得と遺産相続について教えて下さい

キーワード

成年後見人・任意後見人

成年後見取得と遺産相続について教えて下さい

先日はご回答ありがとうございました。父が3月に亡くなり母姉私を含む5人が相続人となりましたが、私が海外結婚し日本に住んでいない為、色々な手続きが遅滞しています。また、相続の手続きに先立ち、母がかなり進んだアルツハイマー症の為、長姉が成年後見をまず取りたいと言ってきました。こういった場合やはり成年後見を先に取りその後、相続手続き開始とするのが賢明なのでしょうか?母姉間でお互いが相続人となりますが問題は無いのですか?また、私の日本帰国予定が8月で長くても5日程しか滞在できませんが、その間で充分な対応が出来ますでしょうか?姉は書類に記入だけしてサイン証明は後から送ってくれれば良い。と言っていますが本人不在でも手続き可能なのですか?宜しくお願いいたします。

質問者lulutte さん 質問日2009年5月18日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年5月21日

相続人のうちのある方が遺産分割協議をするに足る能力がないということであれば,後見人を選任するのが正式なやり方です。
ただ,長姉さんとお母さんは,遺産分割協議をする際には,利益相反となりますので,長姉さんが後見人としてお母様を代理するのではなく,後見監督人を選任して,遺産分割協議をします。だったら,最初から,長姉さんでない方を後見人に選任する,という考えもあるでしょう。
少ない期間での対応ですが,書類に印鑑を捺して,あとは手続を任せればいいのですから,準備が十分であれば,5日程度の滞在でも,対応可能です。
遺産分割協議書,その他分割関係書類の作成は,持ち回り方式でいいのですから,お姉さんのいうとおりです。
お姉さんが,勝手に何かやってしまうことを心配しているなら,白紙委任状的なものは交付せず,自分が署名・押印した書類のコピーはしっかりとっておきましょう。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

成年後見に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する