みんなの相続Q&A - 生命保険の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‘½ä¿é™ºã®ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

生命保険金・各種保険等

生命保険の相続について

伯父の生命保険の受取人は妻でしたが、伯父が亡くなった時、既に妻は亡くなっていました。子どもはいません。この場合、亡妻の相続人が請求するのか、伯父の相続人が請求するのかどちらになるのでしょう。伯父の相続人が請求するとすれば相続財産にあたると考えていいのでしょうか。

質問者ひらりん さん 質問日2009年5月17日

司法書士の回答

グッドブレイン司法書士総合法務事務所
専門家グッドブレイン司法書士総合法務事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ひらりん様

名古屋のグッドブレイン司法書士総合法務事務所の和出吉央と申します。

ご質問拝見いたしました。

生命保険の受取人が先になくなっている場合は、通常、保険約款にどのような順位で受け取るか規定されていることが多いですので、その確認が必要です。
特に約款に定めがなければ、亡妻の財産にあたるをいうのが自然ですので、その相続人が請求することになるでしょう。


遺産相続・事業承継・企業法務のことなら・・・
グッドブレイン司法書士総合法務事務所
代表司法書士 和出吉央
Mail wade@good-brain.jp
http://good-brain.jp

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

保険の契約が優先しますが、妻が先に死亡していたときは相続人となっていたのでしょうか。 その場合は伯父さんの相続人が均等に受取人になります。
受け取った保険金はみなし相続財産として取り扱われますが、法定相続人一人当たり500万円の非課税枠があります。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ひらりん様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

このようなケースでは、保険契約において、どなたが受取人になるかが決められていることが通常です。
どなたが請求すればよいのか?を保険会社に確認されることをお勧めします。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する