みんなの相続Q&A - 祖父の不動産売却について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¥–父の不動産売却について

キーワード

不動産の相続 不動産の売却

祖父の不動産売却について

祖父は30年近く前に亡くなっており、祖父の自宅には長男(叔父)が住んでいました。父も13年ぐらい前になくなっています。その叔父も3年前ぐらいに亡くなり、先日、叔父の子供(従兄弟)から連絡があり、その自宅を売却したいから、母・弟・私の印鑑証明・戸籍謄本がほしいとのこと。詳しくはわからないのですが、その自宅が、私・弟・母・叔父の名義(?)になっているようです。しかし、父が亡くなったとき、遺産相続の手続きもしていないのに名義がなぜそのようになっているのでしょうか。父がその家屋の相続人であることも不明ですが、本来なら、きちんとした手続きをしていない場合、父の兄弟・子供(孫)が相続の対象になると思われますが。また父の死亡後10年以上経過しているのに、自宅を売却した場合、相続は出来るものなんでしょうか。また、戸籍謄本など従兄弟に渡すだけでは不安もあり、詳細を知った上で進めた方がよいでしょうか?

質問者ペンネーム 海 さん 質問日2009年5月17日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

祖父が亡くなられたときには何らかの理由で相続人に名義変更しないまま現在に至っているのだと思います。①相続が終わっているのに名義変更だけが行われていない場合と、②相続手続き一切が未了の場合とあります。
 今求められているのは祖父の名義のままでは売れないので、一旦相続人である人に名義変更する必要があり、そのためには祖父の相続当時の相続人(現在までに死亡した人があるときはその人の相続人)の戸籍謄本等が必要になります。
 上記①と②のいずれなのかを問い合わせて、②の場合は相続分の請求ができるかもしれません。又、誰の名義に、どのような根拠でしようとしているのか、まずは事実関係を確認してください。
 単に売却するだけの場合は戸籍謄本や印鑑証明等は必要ありません。
 税理士 高山秀三
 

行政書士の回答

柴崎行政書士事務所
専門家柴崎行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ご祖父様の自宅の名義(不動産登記名義人としてのもの)が現在誰なのか、ご祖父様の相続手続きはどういう内容だったのか、このあたりを確認する必要があります。
また、ご従兄弟様が印鑑証明書と戸籍謄本が欲しいという真意も確認すると良いでしょう。
ペンネーム海様がおっしゃるように詳細を理解した上で対応することをおすすめします。

行政書士 柴崎角人

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

戸籍謄本に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する