みんなの相続Q&A - 相続発生日について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šç™ºç”Ÿæ—¥ã«ã¤ã„て

キーワード

相続

相続発生日について

父が21年2月初旬に遺体で発見されました。警察の話によると、死亡日は21年1月中旬頃とのことです。株の売買や預金の移動が1月初めから中旬にかけてあります。このような場合、相続発生日はいつになりますか?

質問者オム さん 質問日2009年5月16日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年5月17日

まず,前提として,相続発生日イコール死亡日です。

ところで,死亡日は,通常,死亡診断書の記載で判断されることになると思います。死亡届も,死亡診断書を添付するので,死亡日が確定しているのではないでしょうか。

しかしながら,死亡診断書等でも幅をもってしか,死亡日を確定していない場合があります。
例えば,お父様の事案で,「平成21年1月15日から同月25日までに死亡」というようになった場合です。その場合は,判らないものは仕方がないので,死亡日も,そのように考えるしかありません。
戸籍の記載もそのようになります。

したがって,その場合は,相続発生日も,「平成21年1月15日から同月25日まで」というようになります。

相続発生日を何か公の正式な書類に記載する場面では,戸籍上の死亡日の記載をそのまま,記載するしかないかも知れません。

ところで,ご質問の趣旨から脱線するかもしれませんが,
相続発生日を日単位で確定できないと,相続において支障が生じるのではないかと思われるかも知れません。
たとえば,平成21年1月20日に誰かがお亡くなりになり,お父様との死亡の順番(相続の順番)によっては,相続人の相続分割合が異なってくる場合です。
これについては,同時死亡が推定規定や代襲相続規定等により,法的な処理で問題は生じないよう手当てが為されています。



個別の依頼,相談を検討の方は
お気軽にご連絡下さい。
峰岸法律事務所
弁護士 峰岸泉
Tel.03-3580-1415
e-mail minegishi26123@ybb.ne.jp

司法書士の回答

グッドブレイン司法書士総合法務事務所
専門家グッドブレイン司法書士総合法務事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

オム様

名古屋のグッドブレイン司法書士総合法務事務所の和出吉央と申します。

ご質問拝見いたしました。

>株の売買や預金の移動が1月初めから中旬にかけてあります。
とのことですので、事実関係が不明であれば、当然その後が死亡日=相続発生日となると思います。

事件性があるのであれば、警察等のほうで認定した死亡日=相続発生日となるのでしょう。


遺産相続・事業承継・企業法務のことなら・・・
グッドブレイン司法書士総合法務事務所
代表司法書士 和出吉央
Mail wade@good-brain.jp
http://good-brain.jp

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続発生日に関連する相続Q&A
  • 相続発生日
    12月に入ってから警察からの連絡で兄が亡くなったことを知りました。  ...

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する