みんなの相続Q&A - 被成年後見人の相続放棄

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è¢«æˆå¹´å¾Œè¦‹äººã®ç›¸ç¶šæ”¾æ£„

キーワード

相続放棄 成年後見人・任意後見人

被成年後見人の相続放棄

父はすでに亡くなっており、最近母が亡くなって相続が発生しました。姉妹は3人ですが、長姉が障害者(未婚で子供なし)で、妹が成年後見人となっています。長姉は施設に入所していますが、父の遺産と障害者年金で、今後の生活に不安はありません。今回の相続で財産が増えると、施設の費用が上がってしまい、かえって蓄えを取り崩すことになります。施設の手続き等の諸事は、残りの2人で面倒を見るように決めています。
この場合、長姉に相続放棄というかたちは取れるのでしょうか?
遺留分があるから、放棄はできないとも聞きましたが、どうなんでしょうか?

質問者れんげ さん 質問日2009年5月6日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年5月13日

相続放棄がそもそも無理という訳ではありません。
被後見人の利益を害することはできませんから,相続放棄できるかどうかは,長姉さんが相続することによって得る利益と施設費用の上昇という不利益とを比較衡量して判断することになるでしょう。ただ,長姉さんの今後の生活に不安はないというだけでは,放棄の理由にはならないと思います。
手続的には,成年後見人の妹さんと長姉さんは利益相反となりますので,家庭裁判所に特別代理人の選任をしてもらい,その特別代理人が,相続放棄手続をすることになります。妹さんが勝手に放棄することはできません。裁判所に聞けば,手続を教えてくれます。


個別の相談,依頼を検討される方は,
お気軽にご連絡下さい。
峰岸法律事務所
弁護士 峰岸泉
tel 03-3580-1415
e-mail minegishi26123@ybb.ne.jp

司法書士の回答

グッドブレイン司法書士総合法務事務所
専門家グッドブレイン司法書士総合法務事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

れんげ様

名古屋のグッドブレイン司法書士総合法務事務所の和出吉央と申します。

ご質問拝見いたしました。

相続放棄というかたちは取れると考えます。

ただし以下の注意が必要です。

お姉さまが成年被後見人であるこのことですので、実際に相続放棄の手続をするのは、法定代理人(後見人)である妹様ということになりますが、お姉様と妹様は共同相続人であるので、相続放棄についていわば「利害が対立する」関係になります。

よって、このような場合は家庭裁判所へ、利害の対立のない第三者(特別代理人)の選任の申立てをして、そこで選ばれたもの(他の親族や弁護士・司法書士等の専門家が就任します)がさらに妹様に代わって、相続放棄の手続をします。

なお、遺留分があるから相続放棄ができないという関係性はありません

特別代理人の選任等、具体的な手続については、お近くの家庭裁判所、弁護士、司法書士等にご相談下さい。

遺産相続・事業承継・企業法務のことなら・・・
グッドブレイン司法書士総合法務事務所
代表司法書士 和出吉央
Mail wade@good-brain.jp
http://good-brain.jp

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

れんげ様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

妹様はお姉様の成年後見人になっておられます。
同じ相続人としての立場の方ですので、お姉様について相続放棄をすることはできません。
このとき、家庭裁判所で代理人を選ぶことになります。
その選ばれた方が、相続放棄の手続きをすることになります。

また、遺留分と相続放棄は何も関係がありません。

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

今回の相続では長姉様の相続内容について家庭裁判所に認めてもらう必要があります。

その際、長姉様の法定相続分を下回る相続内容では家庭裁判所に認めてもらえない可能性があり、長姉様が相続放棄をするためには特別な事情が必要となります。

相続に精通した弁護士、司法書士に具体的事情をご説明の上、アドバイスを求められるとよろしいのではないかと考えます。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

長姉に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する