みんなの相続Q&A - 相続放棄の手続き

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„の手続き

キーワード

相続放棄 手続き

相続放棄の手続き

主人の母が亡くなりました。主人は次男なのですが、何故か母が住んでいた家の固定資産税の請求書が送られてきました。確認をしてみると、長男夫婦が私達に何の連絡もないままに相続放棄の手続きをしていました。相続放棄をするにあたって、次に相続人になってしまう私達への報告義務というのはないのでしょうか??相続人にあたる人間が全員相続を放棄した場合、残った家や固定資産税はどうなるのでしょうか??

質問者恵子 さん 質問日2009年5月3日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年5月13日

長男さんがお母様の遺産を管理していたということであれば,管理の経過を報告しなければならなくなる場合もあるでしょうけど,単に相続放棄をしたというだけでは,その事実を報告する義務はありません。
全員放棄してしまった場合,相続人不存在による相続財産管理人が選任され,同管理人が,家を売却するなど換価して,その中から固定資産税等を支払います。
残金が出ると,国庫に帰属します。


個別の相談,依頼を検討される方は,
お気軽にご連絡下さい。
峰岸法律事務所
弁護士 峰岸泉
tel 03-3580-1415
e-mail minegishi26123@ybb.ne.jp

司法書士の回答

グッドブレイン司法書士総合法務事務所
専門家グッドブレイン司法書士総合法務事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

恵子様

名古屋のグッドブレイン司法書士総合法務事務所の和出吉央と申します。

ご質問拝見いたしました。

法律上、恵子様のご主人様とそのお兄様は、「同じ順番」で相続をします。

今回は「固定資産税の請求書」が問題となっていますが、固定資産の所有者が死亡して、遺産分割協議+登記や、行政への「代表相続人指定届」が済んでいない場合、通常、行政側が相続人の中から代表者相続人を決定して「固定資産税の請求書」を送付します。

おそらく、今回のケースでは、いったんご長男に送付された請求書に対し、ご長男が「相続放棄」を主張した結果、ご次男のもとへ請求書が送られてきたのだと思います。
そういう意味で「次に相続人になった」ということになります。

>相続放棄をするにあたって、次に相続人になってしまう私達への報告義務というのはないのでしょうか??

→お母様の遺産管理人としてご長男を選任する等の明確な取り決め等がなかれば、法律上、ご次男への報告義務というものはないと考えます。

>相続人にあたる人間が全員相続を放棄した場合、残った家や固定資産税はどうなるのでしょうか??

→相続人の全員が放棄をした場合(ご長男とご次男が放棄した場合、お母様の親がご存命であれば、その方が、ご存命でない場合は、「お母様のご兄弟姉妹」が次の順番の相続人となります)、家庭裁判所への利害関係人(債権者や行政等)の申立てによって、相続人不存在による相続財産管理人が選任され、お母様の家を売却し、その代金から固定資産税やその他債務・税金等を支払うことになります。
なお、代金や財産に余りがあれば、国の財産(国庫)となります。

相続放棄は、原則として相続開始から「3か月以内」に家庭裁判所へ申立てをしなければなりませんのでご注意下さい。


遺産相続・事業承継・企業法務のことなら・・・
グッドブレイン司法書士総合法務事務所
代表司法書士 和出吉央
Mail wade@good-brain.jp
http://good-brain.jp

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

恵子様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

(ご質問1)相続放棄をしたときの報告義務
単にご自身の意思で放棄をされたのでしたら、報告義務はありません。


(ご質問2)全員が相続放棄をしたとき
相続人がいなくなりますと、相続財産そのものが「法人」とされます。この法人を管理する者を家庭裁判所が選びます。
・被相続人と生計を同じくしていた者
・被相続人の療養看護に努めた者
・その他被相続人と特別の縁故があった者
がいれば、この方たちに相続財産が与えられます。
このような方たちがいなければ、最終的には国のものになります。

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

恵子様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

単に相続放棄をした、というだけでは,その事実を第三者に報告する義務はございません。

相続の事実を知ったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所で手続することで相続放棄することができます。

全員が放棄してしまった場合ですが、相続人が不存在ということになりますので、
相続財産管理人が選任されることとなり、家を売却するなどして、その売却代金の中から固定資産税等の債務を支払っていきます。
そしてプラスの財産が残った場合は、国庫に帰属することとなります。

他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続放棄に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する