みんなの相続Q&A - 相続登記の際に添付する相続関係説明図について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šç™»è¨˜ã®éš›ã«æ·»ä»˜ã™ã‚‹ç›¸ç¶šé–¢ä¿‚説明図について

キーワード

手続き 登記 相続登記

相続登記の際に添付する相続関係説明図について

◎相続登記の申請の際に相続関係説明図を一緒に提出すると、原本還付される書類があると思います。
(1)還付されるのは”戸籍謄本(被相続人及び相続人共に)”・”除籍謄本(被相続人)”と、相続人の住民票も一緒に戻ってくるのでしょうか。
それとも住民票に関しては、別途コピーをつけて原本還付書類として綴らなくては戻ってこないのでしょうか。
(2)相続関係説明図に”相続を証する書面及び住所を証する書面は還付した”という内容の記載例をよく目にしますが、この記載は必要なのでしょうか。

質問者かずくん さん 質問日2009年5月2日

司法書士の回答

グッドブレイン司法書士総合法務事務所
専門家グッドブレイン司法書士総合法務事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

かずくん様

名古屋のグッドブレイン司法書士総合法務事務所の和出吉央と申します。

ご質問拝見いたしました。

(1)還付されるのは”戸籍謄本(被相続人及び相続人共に)”・”除籍謄本(被相続人)”と、相続人の住民票も一緒に戻ってくるのでしょうか。

→相続関係説明図の作成添付による原本還付が認められるのは、戸籍謄本又は抄本及び除籍謄本に限られ、遺産分割協議書及び印鑑証明書、並びに住民票(被相続人の最後の住民票をも含む)は「別途コピー」を添付しなければならなりません。


(2)相続関係説明図に”相続を証する書面及び住所を証する書面は還付した”という内容の記載例をよく目にしますが、この記載は必要なのでしょうか。
→(1)と関連しますが、以前(不動産登記法の大改正前)は、相続関係説明図のみで(1)記載の遺産分割協議書及び印鑑証明書、並びに住民票(被相続人の最後の住民票をも含む)も還付されましたので、”~及び住所を証する書面は還付した”という記載をしていましたが、既述のとおり、今は住所を証する書面(通常、住民票)は別手続で還付の扱いとなりましたので、前半の”相続を証する書面は還付した”のみを記載するのが一般的な方法です。


遺産相続・事業承継・企業法務のことなら・・・
グッドブレイン司法書士総合法務事務所
代表司法書士 和出吉央
Mail wade@good-brain.jp
http://good-brain.jp




各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

被相続人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する