みんなの相続Q&A - 土地家屋の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°å®¶å±‹ã®ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

不動産の相続 相続財産

土地家屋の相続について

はじめまして。相続について全く知識がなく、基本的なことになるのかも知れませんが、質問させてください。土地家屋の相続についてです。

家族構成:父・母・私・弟の4人

現在私(独身)が両親と同居している住居は、土地の名義が父で、家屋の名義が私になっています。私には弟が一人いますが、弟は結婚をして家を出ています。

将来、父の財産を相続することになった場合、父の財産は土地のみということになり、その分を相続人(母・私・弟の3人)で分け合うことになるのでしょうか?私名義の家屋は相続財産の対象とはならないでしょうか?
もし私がこのまま家に住み続けようと思った場合、弟には代償財産を支払うということになるのでしょうか?

質問者みんと さん 質問日2009年4月29日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年5月13日

相続時は,各相続人が法定相続分を有していることを前提に,遺産分割協議をする(自分の権利を主張して争う)わけですから,スムーズな遺産分割協議ができるという保証は全くありません。
特に,本件のように,被相続人名義の土地上に,相続人名義の建物がある場合は,なおさらです。
将来の相続が少しでも心配なら,お父様に相談し,遺言書の必要性を理解してもらい,早く作成してもらうのが賢明です。専門家と相談し,弟さんへの配慮も忘れない(遺留分を侵害しない等)内容の遺言書を作られたらいいかと思います。


個別の相談,依頼を検討される方は,
お気軽にご連絡下さい。
峰岸法律事務所
弁護士 峰岸泉
tel 03-3580-1415
e-mail minegishi26123@ybb.ne.jp

行政書士の回答

柴崎行政書士事務所
専門家柴崎行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お父様の財産を相続する場合の相続人は、みんと様のご質問通り、お母様とみんと様と弟様の3人です。
みんと様名義の家屋は相続財産とはなりません。
相続財産は相続人が遺産分割協議をすることで、相続人間で自由に分配することができますので、みんと様が住み続けることやそれに応じて弟様へどういう財産を分配するかも含めて話し合いをすることになります。

行政書士 柴崎角人

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

みんと様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

お父様の相続のときの相続人は、みんと様のおっしゃるように、
・お母様
・みんと様
・弟様
の3人です。

家屋はみんと様名義ですので、基本的には相続財産にはなりません。
ただし、その家屋を建てるときの資金をお父様が出しているのでしたら、生前贈与とされ、建築資金が相続財産に含まれることもございます。

遺産分けは、相続人の話し合いで決まります。
土地を共有するという方法もありますが、兄弟の仲が良い間は問題ありません。
しかしながら、何かトラブルが起きますと、弟さんの所有する土地の上にみんと様は生活することになります。
「もしも」のときは、不安になるのではないでしょうか。

将来のトラブルに備えて、代償財産を渡すことも検討されてはいかがでしょうか。
お父様はご健在ですので、今から少しずつ準備をされることをお勧めします。

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

みんと様名義の家屋は相続財産とはなりません。

土地の相続方法は色々とございますが例としては

①相続人での共有とし、みんと様は他の相続人から無償または有償で土地を使用させてもらう

②相続人3人の話し合いで土地をみんと様の単独所有とし他の相続人には金銭等で支払う

などの方法がございます。

遺言書がなければ遺産をどのように分けるかは相続人の自由になりますので各相続人のお気持ちを最優先にお話し合いをされるとよろしいかと存じます。

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

みんと様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

今回のケースですと、みんと様名義の家屋については、相続財産の対象とはなりません。

お父様の相続の場合、相続人は、みんと様、お母様、弟様の3人となります。

相続人間の話し合いで、相続財産の分配を決めていくこととなりますので、
土地についての持分等を決めて、相続登記をしていくこととなります。


他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お父様の相続財産はお母様とご兄弟の計3人で話し合って分けることになります。建物の名義が貴方であるというのは、その資金を出したのはお父様ですか。
もしそうだとすれば生前贈与で貰ったことになりますのでそれを考慮に入れた遺産分割の話し合いになるでしょう。
貴方名義の家屋は貴方の資金で建てたのであればもともとあなたの財産ですから遺産分けの対称にする必要はありません。
 土地も貴方が相続し、弟さんが特に相続すべき財産が無いときは、弟さんから請求があれば代償財産として何がしかを支払うことになるでしょう。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する