みんなの相続Q&A - 共有持分の土地の相続放棄について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å…±æœ‰æŒåˆ†ã®åœŸåœ°ã®ç›¸ç¶šæ”¾æ£„について

キーワード

不動産の相続 相続放棄 土地の名義変更

共有持分の土地の相続放棄について

A氏とB氏、それぞれ持分1/2の土地があります(A氏とB氏は親族でない)。
この度、B氏が死亡し、B氏の相続人は全員相続放棄をするとのことです。
こういった場合、この土地の所有権・持分はどうなりますか?
B氏の1/2の分は、国の所有権にでもなるのでしょうか?

質問者たけちゃん さん 質問日2009年4月28日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年5月1日

相続人が全員相続放棄する場合とは,B氏の債務を相続したくないという場合が多いと思います。すると,共有持分であっても,債権者への弁済のため,換価せざるを得ない事態も生じます。
結局,換価もされず,特別縁故者への分与もされず,運良く残りましたら,めでたく,A氏にB氏の持分が帰属します。
なお,相続放棄後,A氏が待っていれば,誰かが手続を進めて,いつかは自動的に自分のものになるというものではなく,相続財産管理人を選任してもらい,報酬を負担するなどの手続を踏まなければなりません。面倒でしたら,専門家に,依頼されるのがいいかと思います。

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

ご相談のケースでのB氏の1/2の持分はA氏に帰属するのが原則です。

しかし、B氏の特別縁故者が権利を主張した場合は特別縁故者が優先されます。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

たけちゃん様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

B氏の持ち分は、A氏のものになります。
ただし、
・療養看護をされた方
・B氏と生計を同じにしていた方
など、B氏と特別な関係にある方がおられるときは、これらの方のものになります。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

所有権に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する