みんなの相続Q&A - 財産分与

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è²¡ç”£åˆ†ä¸Ž

キーワード

遺産分割 遺産相続の割合

財産分与

実父には長男(自分)と姉の二人の子供がいます。母は既に他界しており、父と同居しているのは長男のみです。
預貯金が二千万円程度あります。
一般的にどのような割合で分けるのが普通でしょうか。
教えて頂けますか。

質問者コショウ さん 質問日2009年4月28日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年5月2日

何らかの事情があって,法定相続分を超えて,遺産をもらえるはずだと思っても,すぐに行動に出ないで,専門家の意見を一度聞いてみてることをお勧めします。

行政書士の回答

柴崎行政書士事務所
専門家柴崎行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

配偶者がすでに亡くなられている場合の相続人は子供のみとなります。ご質問の内容から子供は2人ですので、2分の1ずつとなります。
ただし、これは法律で決められた相続分の割合ですので、お姉さまと遺産分割協議をして配分を決めることが可能です。今後、お父様の面倒をみていくのがコショウ様であれば、そういうこともふまえお話し合いをされたら良いと思います。
尚、遺言書がある場合や法定相続人が他にいる場合は変わってきます。
気になる場合は、お近くの法律家にご相談しても良いかと思います。

行政書士 柴崎角人

司法書士の回答

グッドブレイン司法書士総合法務事務所
専門家グッドブレイン司法書士総合法務事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

コショウ様


名古屋のグッドブレイン司法書士総合法務事務所の和出吉央と申します。

ご質問拝見いたしました。

法律上の持分は、コショウ様とお姉さまの均等になりますので、半分ずつというのがキレイにおさまります。

ただし、お父様の生前に、住宅取得のためや結婚のため等の多額の資金援助を受けられている場合は、その金額も考慮して、均等になるように分配するのが一般的です。


遺産相続・事業承継・企業法務のことなら・・・
グッドブレイン司法書士総合法務事務所
代表司法書士 和出吉央
Mail wade@good-brain.jp
http://good-brain.jp

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

財産分与は離婚の場合の言葉ですが。お尋ねはお父様に万一のことがあった場合の遺産相続、遺産分割のことかと思います。
 遺産分割は相続人の方の財政状況その他すべての状況を総合的に見て相続人で話し合って決めることになっていますので、お姉さまとよく話し合って決めてください。
 法定相続分は1/2づつですが、一般的には、お父様の財産の形成に寄与したかどうか、生前の面倒は誰が見たのか、祭祀の承継は誰がするのか、などを基に決めます。既に財産のある方は少なく、財産的に豊でない人に多くという考え方もありましょうが、お二人の話し合いがすべてです。
 税理士 高山秀三
 

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

相続人がお子様2名の場合、一般的には御長男様とお姉様が50%ずつ分けることとなります。

遺言書が存在する場合は遺言書の内容に従いますが、御長男様、お姉様共に遺産の25%は最低限の相続分として保障されています。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

コショウ様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

遺産分けは、相続人の話し合いで決まります。
・お父様の面倒は誰がみていたのか?
・今後、お墓・仏壇など誰が守っていくのか?
・財産の状況
など、それぞれご家庭の事情が異なりますので、一般的な割合はありません。

法的には、コショウ様とお姉様お二人で半分に分けることになっています。
必ずしもこの通りに分けなければならないという決まりはありません。
お姉様と話し合われることをお勧めします。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する