みんなの相続Q&A - 遺産相続について。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て。

キーワード

遺留分 遺言と遺言書 遺留分減殺請求

遺産相続について。

昨年父方の祖父が亡くなり
今日遺言書を開封しました。
(父は6人兄弟の三男です。)
遺言書に記載されていた内容は
面倒を見た長女に7割。
長男に3割。
という内容でした。
長男は一切面倒を見ずに
家業である会社も潰してしまいました。
日常的に仕事もまともにせず、飲み歩く始末。

私の父は祖父の代から家業を40年以上
一人で働いてきました。
当然私の父は納得できない状態で。
長男が会社を潰した時も退職金すら
貰えなかったのです。
請求はできますか?

他の兄弟に対しての記載は無かったのですが
遺留分の請求が出来る事のでしょうか?

質問者ルイコのママ。 さん 質問日2009年4月27日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年5月1日

ちょっと参考になればということで,回答させて頂きます。
長男さんだけをいじめたければ,長男さんだけを相手にすることもできます。ただ,長女さんへ減殺請求しないと,その分が丸損となります。
長男さん,長女さんの相続分を,減殺請求によって,どの程度減らせるかですが,4人全員で協力して減殺請求を行った場合,ざっと計算したところ,長男さんは30%→21.3%,長女さんは70%→45.3%くらいでしょう。
もめるようでしたら,調停や訴訟手続を利用できます。

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

お父様は原則として遺留分を請求できます。

相続人が子6人の場合、各相続人の遺留分は12分の1となります。

遺留分の請求は相続の開始を知ったときから1年以内に行なう必要がありますのでご注意下さい。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

このような場合は遺留分の請求をされるのがふさわしいかと思います。遺留分は法定相続分の1/2ですので財産を相続されるお二人にそれぞれ請求されたらいいでしょう。
税理士 高山秀三

行政書士の回答

柴崎行政書士事務所
専門家柴崎行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺留分減殺請求は可能です。
遺留分の割合は本来相続できる割合の2分の1ですので、今回は12分の1となります。
遺留分侵害があったことを知ったときから1年間行使しないと時効により消滅します。
後日、通知したことを証明するために相手方に内容証明で通知することをおすすめします。

行政書士 柴崎角人

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ルイコのママ。様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

お父様は遺留分の請求ができるものと考えられます。
遺留分の権利は、相続の開始があったことを知った日から1年以内に請求しないと時効となります。
お早めに、これらの手続きをされることをお勧めします。

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ルイコのママ。様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

今回のケースですと、お父様は遺留分の請求ができるかと存じます。

遺留分請求の権利は、相続の開始があったことを知った日から1年以内に請求しなければなりませんので、
早めに手続きをされることをお勧めします。


他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

遺言書に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する