みんなの相続Q&A - どこからスタートするのか

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ã©ã“からスタートするのか

キーワード

相続権と相続順位 遺産相続の割合

相談窓口

どこからスタートするのか

子供のいない叔父が亡くなりすぐに叔母(父の姉)が亡くなり叔父(父の兄)が始末をしています。
とりあえず葬式をしましたが、財産の件で何にも連絡がないうちに 3ヶ月後に 父が死亡しました。どうも今 生きている叔父(父の兄)も叔母(父の姉)もこの死んだ叔母から借金をしていたようです。 すべてこの二人の叔父と叔母に都合よくされるのは困ります。

父の子供として遺産を受け取る権利があるようですが、叔父にあまり表立って質問ができないので 内密に
財産の程度、正しく配分がされるようにお願いできる専門家はだれでしょうか?

質問者迷い人 さん 質問日2009年4月24日

弁護士の回答

たけうち法律事務所
専門家たけうち法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

法定相続人が何人いるか不明ですが、法定相続人間で遺産分割協議をする必要があります。
遺産分割協議の代理人が出来るのは弁護士なので弁護士にご依頼をご検討ください。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お父様が亡くなられたのは叔母さんの後ですので、お父様の相続分を相続する人はお母さまと貴方のご兄弟ということになります。
 相続人として、内密にではなく堂々と叔父さん叔母さんに内容を聞くことでしょう。
あなた方を含め相続人全員で遺産分割協議をしないと、財産の処分(名義変更や預貯金の引き出し)はできませんので、いずれ話はあると思います。そのときに納得行かないうちは遺産分割協議書に実印の押印と署名をしないことです。相続人として正面から遺産分割協議に参加してください。自分は何もしないで他人任せでは解決しません。
遺産争いになると弁護士ですが、相続税やそれに伴う通常の遺産分けは税理士が窓口です。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

迷い人様
税理士の長嶋と申します。

「内密に」を優先させるには、次の方法が考えられます。

弁護士・司法書士・行政書士・税理士などの専門家に、
・財産調査
・正しい遺産の配分
の助言を受け、遺産分けの話し合いはご自身で対応する。

こうしますと、叔父様と叔母様には専門家の存在はわかりません。
弁護士の存在がわかりますと、叔父様と叔母様側にも弁護士が付きます。余計な争いごとにもなりかねませんので、ご注意ください。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

叔父に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口