みんなの相続Q&A - 離婚後の子の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é›¢å©šå¾Œã®å­ã®ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 相続権と相続順位 遺産相続の割合 非嫡出子

離婚後の子の相続について

昨年、離婚。今月、元夫が急死しました。子供は2人(未成年)いますが、離婚時に私の本籍に入籍し、本籍変更しております。その場合、相続権はどうなるのでしょう?本日、知人から籍が変わっていたら、相続できないと言われ、気になります。元夫側の現在の家族構成は、父・実弟2人(義父とは別居)です。更に、元夫に認知した未成年の子が1人(死亡後に発覚)います。元夫の父親も高齢の為、孫に財産を残したいと考えてくれているようです。一応、遺言書の作成をして頂くつもりですが。離婚後の子の相続の件、宜しくお願いいます。

質問者匿名希望 さん 質問日2008年5月1日

行政書士の回答

出口太郎行政書士事務所
専門家出口太郎行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

"本日、知人から籍が変わっていたら、相続できないと言われ、"離婚しても、貴方には相続権はありませんが、2人の子供には相続権はあります。つまり、元夫が亡くなり、その法定相続人は、貴方の子2人と認知した未成年の子が1人となります。元夫の父親の法定相続人は、元夫の父親の子供です。元夫が亡くなっていても、元夫の代襲相続として、貴方の子2人と認知した未成年の子が1人となります。遺言書を作成する場合でも、公正証書遺言にすることをお勧めします。
当事務所は毎月第3日曜日に無料相談会もかいさいしています。
http://deguchi.gyosei.or.jp/nyo5/muryosoudan.html
法律情報
http://deguchi.gyosei.or.jp/kain-touroku.html

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

司法書士法人 新宿事務所の山田です。
ご相談、ありがとうございます。
お子さんは元夫の子なんですよね。
でしたら、たとえ離婚していても、お子さん2人の相続権に変わりはありません。結婚していたときと同じように元ご主人の財産を相続できますよ。
認知されたお子さん一人の相続権は、2人のお子さんの半分です。
また、お二人は元夫のお父様の財産も、元夫に代わって相続できます。

弁護士の回答

伊藤紘一法律事務所
専門家伊藤紘一法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

離婚後、あなたは、夫を相続できませんが、子は(認知した子も含む)、相続できます。
元夫の父親に相続権はないので、遺言書を作って貰っても無駄です。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

2人のお子様があなたの籍にお入りになったとしても父親との親子関係にはなんら影響がありませんので、通常どうりの相続権があります。

入籍された夫婦以外の間にできた子は、認知されれば相続人になりますが、相続権は夫婦の間に生まれた子の1/2になります。相続人が子供3人とすればその法定相続分は2/5,2/5,1/5の割合になります。
 ただし、相続人が話し合って遺産分割協議を行えば、話し合いで合意したとおりに分けることができます。この場合相続人は未成年者ですので、家庭裁判所に特別代理人選任の届出を行い、未成年者に代って協議することになります。

 先夫の父の相続においては、お子様方の祖父ですから、先に亡くなった父親の代襲相続人として相続人となり、相続権があります。

司法書士の回答

内藤司法書士事務所
専門家内藤司法書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

子供2名と認知された子が相続をしたことになります。遺産を元夫の家族が占有しているのでしたら,元夫の家族と話し合い,協力してもらう必要があるかと思います。

将来の話になりますが,元夫の父が亡くなったときにも,子供2名は,他の相続人とともに相続をいたします。このときのために遺言をして頂くことはよいことだと思います。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

元夫に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する