みんなの相続Q&A - 相続問題について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šå•é¡Œã«ã¤ã„て

キーワード

相続権と相続順位 遺産相続の割合

相続問題について

相続関係の質問です。
15日に他界した叔父夫婦の事です。
3月28日、叔父[親族]が脳卒中で酷くヨイヨイになり、看病の疲労で叔母が他界しました。
叔父夫婦に子はいません。叔父に兄弟が5人、叔母に2人います。
財産は、1000万ほど叔母名義で現在見つかりました。葬儀は家族葬で100万です。
叔母方が、叔母の預金を名義がこちらなのだと要求しています。が、こちらも叔父夫婦と同宗教信者の叔父の末の妹[61才]が、叔父をひきとり、後継人として面倒見ていきたいと主張しています。
現在見つかってる預金が叔母名義だけなので困ってます。
僕の知識では、夫である叔父に75%叔母の兄弟に25%と思うのですが、どうなのでしょうか?末の叔母も、若くはないので後継人になれるのでしょうか?
今後、どのように対処していけば良いか、ご指導お願いします。

質問者コイル さん 質問日2009年4月18日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

法定相続分で言えば、叔父さんが3/4,
叔母さんの兄弟姉妹が1/4となります。名義が叔母さんだからといって、すべて叔母さん方に権利があるわけではありません
 ご夫婦の職業等はわかりませんが、叔母さんの名義でも帰属が叔父さんの財産ということもありえますので、なんともいえませんが、それが名実ともに叔母さんの財産であったとした場合、今後夫である叔父さんには生活費、医療費等がかかりますから、常識的には叔父さんに相続させるのが一般的であり、故人の意思に沿うように思えます。
 妹が叔父さんの今後の面倒を見るというのであれば、すべて叔父さんに相続させて管理を妹に任せるのも賢明かもしれません。
 種々の状況を総合的に見て、双方で話し合って良い選択をされことでしょう。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

コイル様
税理士の長嶋と申します。

法定相続分は、コイル様のおっしゃる通り
・叔父様→75%
・叔母のご兄弟→25%
です。
したがいまして、すべての預金を叔母のご兄弟に渡す必要はありません。

叔父の妹さんが後継人となられるご希望があるとのこと。
これは「後見人」のことをおっしゃっているのだと思います。
年齢で判断されることはありませんので、ご安心ください。
今後、叔父様の財産(今回相続する財産を含めて)を妹さんが管理できるよう法的な手続き(任意後見・成年後見)を取られるのが良いかもしれません。
後見人は、弁護士・司法書士・行政書士などの専門家がなることもあります。
もしご心配でしたら、これらの専門家にご相談されることをお勧めします。

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

コイル様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

今回のケースですと、叔父様が75%、叔母のご兄弟が25%となり、
コイル様のお考えのとおりの法定相続分となります。

また、後見人としての法的手続をお考えのようですので、
しっかりと手続を踏んでおくことで、安心できる部分もございます。

後見人は、弁護士や司法書士等がなることもありますので、
詳しくは専門家にご相談されることをお勧めします。

他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

叔父夫婦に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する