みんなの相続Q&A - どうしたらいいのでしょう・・・

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ã©ã†ã—たらいいのでしょう・・・

キーワード

遺産分割 不動産の相続 遺産分割調停・審判 争続・トラブル

どうしたらいいのでしょう・・・

母の相続の件で相談です。 母は6人兄弟の末っ子です。 去年の1月に実父が亡くなり兄弟6人で相続する事になったのですが長男が金に大変執着があり遺産を分割できない状態です。祖父は多数の不動産を所有しており長男が祖父の所有物である不動産を貸して生計を60年ちかくたてておりました。 祖父が亡くなった今も賃貸料などは長男が独り占めをしている状況です。 来月には相続税の請求がある様ですが母親には一切お金も何もない状態で相続税を払わないといけないのでしょうか? ちなみに調停をしましたが長男との話あいが着かず決裂に終わりました。 常識では兄弟6人で均等に分けなくてはいけないのでは? 6人が均等に分ける何か良い方法はありませんか? 相続税を誰も払わない場合はどうなるのでしょうか? 物納とかになるのですか?

質問者牛尾 さん 質問日2009年4月14日

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

まず、相続税については依頼されている税理士さんに支払期限等を確認し納税準備をする必要があると思います。具体的には税理士さんから説明があるはずです。

次に遺産分割についてですが既に調停も行なわれたとのことですので今後の対応については相続に詳しい弁護士さんへご相談の上、決められるべきと考えます。

相続財産に不動産がある場合、売却して換金する以外の方法では均等に分けることは難しいと思われます。
話し合いで均等に近いかたちにすることになるでしょう。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言書が無かった場合は、相続人全員で話し合い遺産分割協議書を作成し、それに従って遺産を分けます。
 それが無いと預貯金の名義変更や引き出し、不動産名義の変更などはできませんから、自署、押印、印鑑証明を求められても、納得するまでは しなければいいわけです。
 それが無いと相続開始後の不動産収入等は6人で均等に分けて所得税の計算等をすることになります。
 遺産分割が成立しないときの相続税の申告は法定相続分で相続したものとして申告と納税をすることになります。そして3年以内に分割が成立したときはその結果に従って精算します。
 また、遺産分割協議が成立しないときは、配偶者の税額軽減や、小規模宅地に関する減額の特例は適用できませんので、大変不利な申告になります。
 10ヶ月以内に相続税の申告をしない場合は、
税務署等の調査によって決定されますが、15%の無申告加算税や延滞税がかかります。
 又、その税額を納付しないときは財産を差し押さえた後、強換価手続きに入ります。
 従って、期限内に話し合って、遺産分割協議を行うこと重要です。
 税理士 高山秀三

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

牛尾様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

遺産分割協議につきましては、既に調停も行なわれ、結論も出ている状況ですので、
今後の対応については弁護士等に相談し、対応していくことになるかと存じます。

不動産の相続の場合、売却して換金するか、法定相続の割合で共有することになるかと思いますが、
今後を考えますと、売却して均等に分けるのがよろしいかと存じます。


他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

牛尾様
税理士の長嶋と申します。

調停での話し合いが決裂したそうですので、次は審判に進んでいくと思われます。
不動産などの分けにくい財産は、ご家族の事情を考慮して、裁判官の裁量でその分け方が決められます。
審判の手続きに入りますと、最終的には法定相続分である1/6で分けられます。
ただ、その分け方は裁判官が判断するので、相続人がその分け方に納得するかどうかはまた別のお話になろうかと思います。

遺産分けが終わっていない相続税の申告ですが、一旦遺産分けが終わっていない状態で申告を行います。また、相続税の支払いも済ませます。
後日の審判により、必要があれば相続税の増額・減額の手続きを行います。

相続税を払わなかった場合、罰金がありますのでご注意ください。
また、物納をするには、相続税の申告期限までに必要書類を準備しなければなりません。
来月が申告期限だそうですので、物納をお考えでしたら、早急に税理士にご相談されることをお勧めします。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続税に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する