みんなの相続Q&A - 娘の相続は

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å¨˜ã®ç›¸ç¶šã¯

キーワード

相続権と相続順位 遺産相続の割合

娘の相続は

実母が他界しました。実父は健在です。
母が残した遺産(現預金)は娘は相続できないのでしょうか?

質問者むすめ さん 質問日2009年4月13日

税理士の回答

ちよだ税理士法人
専門家ちよだ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

むすめ様

 ちよだ税理士法人と申します。

 特に遺言等がなければ、ご兄弟の有無が不明ですが、お子様がむすめ様お一人で有れば、むすめ様とお父様が法定相続人となります。
 具体的な相続財産の配分は、お話し合いにより決定し、最終的に遺産分割協議書にまとめられます。これはあくまでも念のためですが、債務の不存在にもご注意下さいませ。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 お母様の残されて遺産は配偶者であるお父様と お子様である貴方とで話し合って相続することになります。
 この場合の注意点は、お母様名義の予預金等は、お母様のものか、お父様のものがお母様の名義になっているだけのものかを見極める必要があります。(最近はこういうケースが増えております。)
 従って帰属がお母様になる財産は相続財産になりますので相続する権利はあります。
 お母様の収入からできたものではな(又はお父様から贈与されたものではなく)お父様の収入をお母様名義にしていた場合は、相続財産にはなりませんので、お父さんに帰属するものとなります。(お父様が先に亡くなられた場合には、お母様名義の財産であっても お父様の相続財産として判定される性格のものです。)
 この判定は、お母様名義のできた過程、管理状況、運用状況等を詳しく聞かないと判断できません。
 税理士 高山秀三
 

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月14日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

配偶者と子(1名)が相続人の場合、法定相続分はそれぞれ2分の1となります。

相続人になれない事情が存在しない限り、むすめ様も相続人となります。

具体的な相続手続等については相続の専門家にご相談の上、進められると過不足なくかつ迅速に相続を行なえると思います。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

むすめ様
税理士の長嶋と申します。

お父様と娘さんが相続人となりますので、娘さんは相続することができます。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

実父に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する