みんなの相続Q&A - 相続した借地の更新について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã—た借地の更新について

キーワード

不動産の相続 借地権

相続した借地の更新について

 一昨々年遠方に住んでいた父が亡くなり相続した菩提寺を地主とする借地建物があります。
 借地期間は20年で数年後に20年目になるだろうという位の記憶しかなく、借地の契約書等も見当たら無かったので、地主に問うと「こちらも契約書が無く、詳細は覚えてないが期限は過ぎている。2年後まで待ってあげるのでその時に更新してくれれば良い」と言われました。
そして昨年、契約書が送られてきたのですが、その内容は10年前を起点として20年(実質10年)という契約でした。その時点では詳細を調べる事もできず、父が何かの事情で半金(または不足金)しか納める事ができなかったにもかかわらず20年目まで待って貰ったものと思い、先々代から世話になっている住職故の善意と思って感謝して契約しました。

 その後、転勤でこの家をリフォームして住むことになり遺品を整理した際に、前回の更新料の領収書や、期間は20年なのに日付が10年後になっている契約書のコピーや、10年後に更新請求を受けた父が拒否し弁護士を介しての交渉を受け、双方譲らないまま話合いが中断していたらしい事が伺われる書類等を発見しました。
 前回の更新料は今回と同じ金額であり、前々回(2回目)と最初の契約期間は共に20年で、前回の更新期間20年は妥当と思えますし、地代の滞納も無く、布施や付届け、お寺の改修等の寄付なども滞りなく納めて来たという知人の話もあり、不当な更新であったのではないかと疑問を感じています。

 今更契約を無効とする事も難しいでしょうし、リフォームの方も進んでいますので今回は諦めるつもりですが、この様な経緯がありながら覚えて無かったとは考え難く、契約の際に詳しい事情を話してくれなかった地主である住職に不信を感じずにいられません。
 墓地のこともあり、契約解除の際に更地に戻すという条項で簡単に解約もできないだけに、負の遺産を子供達に残してしまうかも知れない事を危惧しております。
 9年後の次回更新までに、前倒し期間の短縮など、もう少し善処できないものかと希望しています。何か良いアドバイスがあればご教授お願いします。

質問者ゆうき さん 質問日2009年4月8日

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

詳細は理解間違いもあるかるかも知れませんが、回答致します。
更地返還とありますが、旧借地・借家法の契約ではなく、新しい借地借家法の定期借地法で行われた可能性があります。

借地問題は非常に根深い所にありますので
お気持ちはすごくわかります。

納得できるアドバイスができるかは分かりませんが必要ございましたらご相談くださいませ。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

借地に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する