みんなの相続Q&A - 負債扱い?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è² å‚µæ‰±ã„?

キーワード

負債・借金 後妻

負債扱い?

先日父が亡くなりました。
父とは子供の頃離婚して以来会っていません。
後妻から連絡があり、借金はないかわりに預貯金も保険も一切無い。唯一あるのは老後済む予定だった土地建物のみで、500万程度と言われました。

父の治療費に相当かかったとの事なので、初めは放棄するつもりでいましたが、やはり自分の取り分はきちんともらいたいと考え直し、そう伝えたところ、「その場合は今まで父にかかった一切合切(治療費、葬式代など諸々)を私に負担して貰うことになる」と言ってきました。前に借金はないと言っていたはずだが、それはどこかに借入があると言う事なのか?と聞いた所、そうではなく、今まで父親にかかったお金を全て返せと言う意味らしいのですが…

借金がある場合は遺産を相続すると負債も引き継ぐと言う事はわかりますが、この様な場合も私に支払い義務があるのでしょうか?

そもそも離婚の原因は父とこの人の浮気で、払うと念書まで書いた養育費も1年足らずで勝手に支払いをやめ音信不通になっていたようないい加減な人達です。

また、遺産についての話し合いに呼んでおきながら、預貯金や借金の有無や土地の資産価値など話の上みで、きちんと提示せず、本当の事を言っているのか不明です。
知りたければその辺は委任した司法書士さんにまかせてるからそっちに聞いてと言うので、そちらに連絡すると、こちらではその辺は関わってないと言われ…
この辺をきちんと提示させるにはどうしたらよいのでしょうか。

長くなりましたがよろしくお願いします。

質問者蜜柑 さん 質問日2009年4月8日

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

蜜柑様
税理士の長嶋と申します。

民法第752条には、次のようなことが書かれています。
「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」

つまり、夫婦間で助け合うことは「義務」です。


また、民法760条には次のようなことが書かれています。
「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。」

看病などの義務を果たす費用(治療費)については、既にお父様の財産から払われていると思います。
したがいまして、蜜柑様に治療費を請求する正当な理由はないと考えられます。
ただし、お父様の死亡時にまだ払われていない治療費は負債ですので、それに関しては相続のお話になろうかと思います。


また、遺産内容の提示ですが、蜜柑様自身も調べることができますので、ご自身で調べることも検討されてはいかがでしょうか。
後妻様があまりにも不誠実でしたら、法的手続きも検討されてはいかがでしょうか。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する