みんなの相続Q&A - 保険金受取人が亡くなった場合の扱いについて

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä¿é™ºé‡‘受取人が亡くなった場合の扱いについて

キーワード

生命保険金・各種保険等

保険金受取人が亡くなった場合の扱いについて

父親は母親を受取人とする生命保険に入っています。もし母親が先になくなった場合にはその受取人はどうなってしまうのでしょうか。
子供は二人います。保険金受取人をどちらにするのかは子供どうしでは意見がちがい決められないと思います。母親が先になくなって、保険金受取人をどちらにするかきまらないまま、先に父親がなくなった場合に、保険金はどのように支払われることになるのでしょうか。

質問者わいるどおっさん さん 質問日2009年4月7日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

被保険者と契約者がお父様という前提でお話します。保険金の受取人は保険契約で指定していると思います。お母様が死亡した場合の相続人はどなたに契約されているのでしょうか。契約に指定されていればその契約に従いますが、指定されていない場合、又は単に相続人とされている場合は、相続人が均等に相続することになっています。(法定相続分でないことに注意が必要です)
 お母様が亡くなって、次にお父様が亡くなられたときは、受取人は既にないので、もし受取人を変更しないまま放置されていたとすれば受取人は相続人になりますので、兄弟が均等に受け取ることにないます。
 税理士 高山秀三

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

一般の保険契約では、死亡保険金受取人を決めるのは「契約者」です。
契約者がお父様の場合は、お父様が決定できます。
変更も、いつでも出来るので、一度話し合いで受取人を決め、
契約内容を変更したとしても、安心は出来ません。

もし、お母様(現在の受取人)が先に亡くなり、その後新たな受取人を指定しないまま
お父様(契約者&被保険者)に万が一が起こった場合は、
相続人で分配するよう、予め契約で定められていると思います。

但しこの場合も、保険会社の対応によっては、
相続人の中の代表者(1名)にまとめて保険金を支払い、
相続人達が自ら分配をしなければならないケースがありますので、ご注意下さい。

いずれにしろ、ご心配ならば、お父様や保険会社に相談される事をお勧めします。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

わいるどおっさん様
税理士の長嶋と申します。

保険金の受取人は、保険契約者が決めます。
つまり、子供さんが保険金受取人を決めるものではなく、お父様のお考え次第ということになります。

また、保険金受取人を決めないままお父様が亡くなったとき、保険会社との契約で「保険金受取人は相続人とする」と決められていると思います。

したがいまして、
・お父様
・保険会社
に確認をしないと、このお話は前に進みません。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

保険金受取人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する