みんなの相続Q&A - 登記申請の内容について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç™»è¨˜ç”³è«‹ã®å†…容について

キーワード

不動産の相続 相続登記

登記申請の内容について

不動産を4人の相続人で法定相続することになり、現在登記申請書を作成しています。
”不動産の表示”の項目を記入していて思い当たったのですが、実際の登記簿上の不動産の内容と、役所で発行している固定資産課税台帳の内容が異なっています(付属建物の表示で、登記簿上は”倉庫”として存在するが、既に取り壊されるなどして現存しておらず、固定資産台帳上からも落ちている)。
このようなものについて、課税価格の計算及び登録免許税の計算はどのようにすればよいのでしょうか。
先に登記上の内容を変更(付属建物の滅失や変更など)の手続きをしなくてはならないのでしょうか。

質問者ぱんだ さん 質問日2009年4月2日

司法書士の回答

グッドブレイン司法書士総合法務事務所
専門家グッドブレイン司法書士総合法務事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ぱんだ様

名古屋のグッドブレイン司法書士総合法務事務所の和出吉央と申します。

ご質問拝見いたしました。

法務局は、あくまでも登記簿上の建物の表示(床面積)に従って、登録免許税(不動産価格)の計算をします。

今回のケースでは、登記簿上の床面積(の合計)よりも、固定資産課税台帳の床面積(の合計)のほうが少ないですので、相違する面積分を加算しなければなりません。

この加算方法は、通常、管轄法務局が出している「建物経年減額補正率基準表」等に従って算出しますが、相違面積が軽微であれば、固定資産課税台帳の価格のままでOKと判断されることもあります。

相違面積が顕著であれば、事前に属建物の滅失等の登記をして、固定資産課税台帳に一致させるのも一つの手だと思います。

是非、事前に管轄の法務局へご相談下さい。


遺産相続・事業承継・企業法務のことなら・・・
グッドブレイン司法書士総合法務事務所
代表司法書士 和出吉央
Mail wade@good-brain.jp
http://good-brain.jp

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ぱんだ様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

登記申請書には、登記簿の記載のまま記入します。

法務局は登記簿上の建物の表示で判断しますので、登録免許税(建物の価格)についても、
相違する部分があれば、登記簿の記載にあうように算出する必要があります。

算出方法は場合によって異なりますので、事前に管轄の法務局へご相談することをお勧めします。

また、4月1日から平成21年度の評価証明を添付することとなりますので、
それ以前に取得されたものでしたら、価格が変わっている可能性もありますので、
再度確認する必要がございます。

他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

不動産に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する