みんなの相続Q&A - 離婚した妻の子の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é›¢å©šã—た妻の子の相続について

キーワード

遺産分割 遺産分割協議 行方不明・失踪宣告

離婚した妻の子の相続について

先日、父が亡くなりました。残された家族は、母、兄、弟の私の3人ですが、父は以前、離婚歴があり、1人の子がいるみたいです。この場合、相続人は、母、兄、弟の私、腹違いの子の4人になると思いますが、兄と弟の私はすべて母に相続させたいのです。腹違いの子がどこにいるかもわかりません。腹違いの子に連絡せずに母にすべて相続させる方法はありますでしょうか?

質問者たかし さん 質問日2009年4月1日

司法書士の回答

グッドブレイン司法書士総合法務事務所
専門家グッドブレイン司法書士総合法務事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

たかし様

名古屋のグッドブレイン司法書士総合法務事務所の和出吉央と申します。
ご質問拝見いたしました。


>腹違いの子に連絡せずに母にすべて相続させる方法はありますでしょうか?

お父様が生前に「遺言書」を書かれていればそれなりの対策はありましたが、既にお父様が亡くなられていますので、残念ながらご希望の方法ではできません。

お父様の戸籍を順々に辿り、腹違いの子に連絡を取り、「遺産分割協議」という形式で遺産の配分を話しあわなければなりません。

話し合いができないようであれば、家庭裁判所を通じた調停や審判へと移行します。


遺産相続・事業承継・企業法務のことなら・・・
グッドブレイン司法書士総合法務事務所
代表司法書士 和出吉央
Mail wade@good-brain.jp
http://good-brain.jp

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

残念ながらありません。お父様にとってはあなた方と同じ子ですから相続についても同じ権利を持っています。
 遺産分割にはすべての相続人の合意が必要ですので、異母兄弟をはずして相続を決めることはできません。
 すべてお母様が相続されると、異母兄弟は お母様の相続人にはなりませんので、お父様の相続のときを逃すと相続の機会は失う可能性が大きくなりますので、今回の相続で遺産分けをしておくのが賢明かと思います。
同じ父親の血を分けて兄弟ですから、父親の立場も考えてあげるのが思いやりのある考え方かと思います。
 もっとも、異母兄弟がお母様がすべて相続することに同意する場合は 何の問題もありません。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

たかし様
税理士の長嶋と申します。

残念ながら、お母様にすべての財産を相続させることはできません。

腹違いの子に相続を知らせず、遺産分けを行っても、後で「遺産分けは無効」と言われる可能性が高いです。
後々の手間暇を考えますと、今の時点で法律にしたがった遺産分けをされることをお勧めします。

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

たかし様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

残念ながら、お母様にすべての財産を相続させることはできません。
腹違いの子であっても、お父様の子ですので、相続人としての権利がございます。
腹違いの子に連絡せずに、遺産分割を進めても、
腹違いの子から遺産分割の無効を主張される可能性もございます。


他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

お母様の相続時を考えると相続人全員による遺産分割協議を早期に行ない、お父様の相続をどのようにするかを決定すべきと考えます。

しかし、そのことによりお母様のお住まいのことなど今後の生活に支障をきたす可能性がある場合は遺産分割協議を急ぐ必要はないと思います。

誰が財産の名義人なのかなどにあまりこだわらず、お母様の生活を第一に大局的に対応策をご検討されるのがよろしいかと存じます。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

腹違いに関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する