みんなの相続Q&A - 借金と生命保険について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å€Ÿé‡‘と生命保険について

キーワード

相続放棄 負債・借金 生命保険金・各種保険等

借金と生命保険について

父に多額の借金があるため、相続放棄をする予定でおります。

質問1)その場合、父が契約者及び被保険者、受取人が母となっている生命保険は、相続放棄をした場合でも、母が生命保険金を確実に受け取ることはできますか?
父の負債と相殺させられるような事はないでしょうか?
生命保険だけでなく、医療保険の入院給付金についても教えてください。

質問2)母が契約者、父が被保険者、母が受取人となっている生命保険をかけた場合は、父が亡くなった場合、一時所得となり、多額の税金を支払わなければならないとききましたが、どのくらいの税金がかかりますか?生命保険金は1500万円程度です。

質問3)また、父が自己破産をした場合には、父が契約者となっている生命保険や入院保険をかけていた場合、強制的に解約させられることになってしまうのでしょうか?

お手数ですが、ご回答をお願い致します。

質問者プー さん 質問日2009年3月31日

税理士の回答

税理士法人コーポレート・アドバイザーズ
専門家税理士法人コーポレート・アドバイザーズ(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

質問①
この場合の死亡保険金については、相続財産とはならないため、受取人が受取ることができます。
なお、入院給付金については、受取人がその被相続人であれば相続財産となり、放棄をすると受け取れないと思われます。
質問②
所得税の計算については、一時所得を給与や配当などの他の所得と合算して税額を計算するので、他の所得がわからなければ計算できません。
なお、一時所得として他の所得と合算する金額は、
(受取保険金-払込保険料合計-50万円)×1/2
となります。
質問③
自己破産をした場合には、その解約返戻金が20万円を超えるものについては、原則として、生命保険を解約して債権者に配当されることになります。
しかし、その他の財産の状況などによっては裁判官の判断で解約してくてもいい場合もあります。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

プー様
税理士の長嶋と申します。

質問1)
お母様は、相続放棄をしても、保険金を受け取ることができるものと思われます。
入院給付金については、お父様が受け取るべきものですので、相続財産に含まれるものと考えられます。
相続放棄をすると、受け取ることができないと考えられます。


質問2)
払いこまれた保険料の金額がわからないので、具体的に税金を計算することができません。
一時所得は次の算式により計算します。
(1500万円-払込保険料-50万円)×1/2


質問3)
債権者への返済に充てられることもあります。
最終的な判断は、裁判所で下されます。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

生命保険に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する