みんなの相続Q&A - 土地を相続しましたが…

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°ã‚’相続しましたが…

キーワード

不動産の相続

土地を相続しましたが…

先日無くなった父が所有していた土地を相続しました。
一代限りという約束でその土地を貸していたようですが、現在その土地にはそのまま二代目の人が住んでいるようです。
買取を求めましたが、拒否されました。
きちんと契約をし直したいと考えていますがどのような点に注意すべきか教えてください。

質問者地主の娘 さん 質問日2009年3月21日

弁護士の回答

降旗順一郎法律事務所
専門家降旗順一郎法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年3月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お父様と先代の借地人との間の契約書はありますか。借地条件をよく確認して下さい。
借地上の建物の登記簿謄本も取り寄せて、登記簿上の所有者を確認して下さい。先代の名前のままでしたら、相続関係を2代目の方から聞いて確認する必要があります。

司法書士の回答

グッドブレイン司法書士総合法務事務所
専門家グッドブレイン司法書士総合法務事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年3月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

名古屋のグッドブレイン司法書士総合法務事務所の和出吉央と申します。

ご質問拝見いたしました。

「一代限りという約束」についてですが、原則として、先代と契約後30年以上が経過いる場合等を除き、この約束は無効であるというのが裁判所の判断となっています。

一度契約書の契約期間等がどうなっているのか確認してみてください。

借地権は当然に相続の対象となりますので、二代目の方は法的にもきちっと保護されることになり、地主様よりの土地買取に応じる義務もないことになります。

まずは先代との土地賃貸借契約書の記載をすべて再確認していただき、ご不明な点等お近くの弁護士・司法書士等にご相談されることもお勧めします。


遺産相続・事業承継・企業法務のことなら・・・
グッドブレイン司法書士総合法務事務所
代表司法書士 和出吉央
Mail wade@good-brain.jp
http://good-brain.jp

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年4月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

地主の娘様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

まずは、契約書を確認する必要がございます。
お父様と先代の借地人との間の契約書をご確認下さい。

また、現状の物件の権利関係を把握する必要があります。
建物の登記簿謄本から、所有者を確認し、相続登記等の手続が必要となります。


他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/


各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

土地に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する