相続の基礎知識 - 株式の評価について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > 3.2.8 株式の評価

3.2.8 株式の評価

株式の評価について

株式は、大きく分けて「上場株式等」と「取引相場の無い株式」の2つに分けて評価方法が異なります。相続税においては、財産の受け取る人の富がいくら増えたかを重視する為、「時価評価」が大原則です。このとき「上場株式等」についてはまだ時価が存在する為計算しやすいのですが、時価の存在しない「非上場株式」の評価取扱いです。ここでは「上場株式等」と「取引相場の無い株式」にわけて評価方法を説明します。

まず「上場株式等」についてです。財産評価基本通達上は、「上場株式」と「気配相場等のある株式」でわけて記述されていますが、この二つはほぼ同様の取扱なため、ここではひっくるめて説明します。といっても複雑なやり方ではありません。次の4つの評価方法の内、もっとも低い価額で評価すればよいとされています。

・亡くなった日の最終価格
・亡くなった月の終値の平均価格
・亡くなった月の前月の終値の平均価格
・亡くなった月の全前月の終値の平均価格

この様に広い方法を認めているのは、株式は不動産以上に価格変動が激しいと考えられているためです。実際にいくつかの新興企業の株式をみれば一目瞭然ですが、3か月で10倍以上株価が上下している企業も少なくありません。これらを考慮して先の4つのやり方が認められています。

次に「取引相場の無い株式」についてです。これは「上場株式」と異なり、かなり複雑な計算が必要とされます。それらは次の3つの要素を考慮して決められています。

・「支配権を持つか否か」
・「会社の規模」
・「会社は事業会社か資産管理会社か」

基本的に「支配権を持つ場合」を前提にして細かな制度設計がなされています。「支配権を持たない場合」は、いくら将来配当をうけとることができるか(配当還元方式)で評価します。「支配権を持つ場合の原則」は次になります。

支配権を持つ場合の原則

類似業種比準方式とは、単純に言うと似たような会社と比べるやり方です。また「純資産価額方式」とは、会社の資産・負債を時価評価して、その差額を会社の価値とするやり方になります。通常の事業会社であれば類似業種比準方式の方が「時価」に近く適切な方法と言えるでしょう。しかしながら会社の資産のほとんどが「株式」や「不動産」である場合はどうでしょうか。この場合は「純資産方式」の方が「時価」に近いと言えるでしょう。そこで会社の実体が「資産管理会社」(「特定の評価会社」といいます)である場合は、「純資産価額方式」で計算することとなります。

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


3.2.8 株式の評価に関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す