相続の基礎知識 - 相続財産とは

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > 3.2.1 相続財産

3.2.1 相続財産

相続財産とは

相続財産とは、「被相続人がなくなった日に所有していた固有の財産であり、かつ金銭的に見積もることができる経済的価値のあるもの」のことをいいます。つまり「亡くなった人が持っていたお金で評価できるプラスの財産」と考えるとわかりやすいかもしれません。

ここで問題となってくるのは、例えば生命保険金などです。生命保険金は、「亡くなった人が持っていた財産」といえるでしょうか。通常、生命保険金は被保険者が亡くなって初めて、亡くなった人とは別の人が受け取ることのできるお金であり、生命保険金は亡くなった人が持っていたプラスの財産とは言えません。そうなると生命保険金は本来の相続財産ということができなくなります。しかしながらこれを放置するとどうなるでしょうか。皆財産を保険で子どもに渡そうとするようになるでしょう。そこで相続税法は「みなし相続財産」(相続税法3条、他)として、このような金銭も相続財産に含めて相続税を計算しようという規定を置いています。これについては次の3.2.2で検討したいと思います。また同じ理由から生前に贈与した財産についても特別の取り扱いが決められています。これについては3.2.3で検討したいと思います。

相続財産に関する問題は他にも存在します。例えば「お墓」を考えてみてください。「お墓」は「亡くなった人が持っていたプラスの財産」であり、本来の相続財産になりそうです。しかしながら、墓にまで課税することはみなさん納得できるでしょうか?この様に国民感情や政策上の配慮から、相続財産にしないことが決められているものがあります(非課税財産と言います)。これについては3.2.4で検討したいと思います。

ここまで来るとあと一息です。この相続財産に関する問題で最後に立ちはだかるものは、「相続財産をどうやって金銭で評価するのか」という問題です。相続税を計算する以上、全ての財産をお金で評価しないといけません。実をいうと相続税の計算において、最大の難所となるところはここなのです。そしてここの評価一つで相続税額は天と地ほどの違いが生まれてきます。ここについては3.2.5以降で検討したいと思います。

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


3.2.1 相続財産に関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す