相続の基礎知識 - 相続人の相続順位と相続分について徹底解説!

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šé †ä½

相続順位

相続人の相続順位と相続分について徹底解説!

相続とは、亡くなった人の財産を家族などが受け継ぐこと、と定義されます。 この受け継ぐ人のことを「相続人」と言います。亡くなった人のことを「被相続人」と言います。「推定相続人」とは、将来相続が開始すれば(被相続人が死亡すれば)相続人となり得る人のことを言います。

財産を「誰が」「どれくらい」相続するのかは民法によって定められています。

「誰が」に関して民法で定められた人を「法定相続人」と言います。この法定相続人については、被相続人の配偶者と、血族(これを「血族相続人」と言います)に限定されています。この血族相続人には、

  1. 被相続人の子や孫などの「直系卑属」
  2. 被相続人の両親や祖父母などの「直系尊属」
  3. 被相続人の兄弟姉妹や甥・姪などの「傍系の血族」

があります。

これらの法定相続人の間には優先順位が決められています。第1順位が被相続人の子や孫などの直系卑属、第2順位が被相続人の両親や祖父母などの直系尊属、第3順位が被相続人の兄弟姉妹や甥・姪となります。上位の順位者がいる場合には下位の順位者には相続権はありません。そして、被相続人の配偶者はこれらの相続人とならんで常に相続人になります。例えば、被相続人に配偶者と子がいる場合は、被相続人の兄弟姉妹や両親が健在でも、法定相続人は配偶者と子だけになります。

また、「どれくらい」に関して民法で定められたものを「法定相続分」と言います。相続分とは、相続人が相続することのできる取り分の割合で、「遺言」によっても指定することができますが(この場合を「指定相続分」と言います)、その指定がなかったときは民法の定める割合によります。以下、法定相続分の割合の具体例を一覧にしております。

(図表準備中)

代襲相続とは

「代襲相続(だいしゅうぞうぞく)」とは、被相続人の死亡する前に相続人となるべき子・兄弟姉妹が死亡した場合に、その人の直系卑属がその人に代わってその人が受けるはずであった相続分を相続することを言います。

例えば、被相続人の子が先に死亡し、相続人となった孫は、亡くなった被相続人の子と同じ第1順位の相続人とみなされます。これは、被相続人の子もその子である孫も先に死亡してしまい、ひ孫がいるという場合でも同様です。

また、被相続人に子(=第1順位の法定相続人)がおらず、直系尊属(=第2順位の法定相続人)もすでに死亡しているときは、被相続人の兄弟姉妹(=第3順位の法定相続人)が相続人になりますが、この兄弟姉妹もすでに死亡している場合はその子(被相続人からみると甥・姪)が相続人になります。

ただし、このように被相続人の兄弟姉妹について代襲相続が起こった場合は、被相続人からみた甥・姪の段階までが代襲相続の限度であることにご注意ください。そして、後述の相続放棄は代襲相続の原因にはならないことにもご注意ください。

(図表準備中)

被相続人Aに、配偶者B、子C、子D、Cの子E、Cの子Fがいて、CがAより前に死亡している場合を考えます。この場合、法定相続分に従うと、Bが1/2、Dが1/4、Eが1/8、Fが1/8となります。E、FはCが相続するはずであった1/4を二人で分けることになるので、それぞれ1/8になります。

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


相続順位に関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す