相続の基礎知識 - 遺言の執行

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > éºè¨€ã®åŸ·è¡Œ

遺言の執行

遺言の執行

遺言者が亡くなったあと、遺言書の保管者や遺言書を発見した相続人は、相続開始後遅滞なく、相続開始地の家庭裁判所に遺言書を提出して検認を求めなくてはなりません。後の揉め事の火種になるばかりですので、検認前には絶対に開封してはなりません(なお、仮に開封してしまっても検認を受ける必要があります)。この検認はあくまでも証拠を保全する手続きなので、遺言書の現状をありのまま確認するだけで、内容の有効無効を判定するものではありません。したがって、一度検認を経た遺言書の効力を後に裁判で争うことは可能です。

存在が認められた遺言は、内容によってはその実現のために執行を必要とします。原則は相続人が執行します。しかし、遺言により相続人を廃除したり、遺言により子の認知をしたりといった内容だと、相続人自身が執行すると公正を保てない場合があり、このような場合、「遺言執行者」が選任されることがあります。遺言執行者が選任されると、相続人は、相続財産の処分や遺言の執行を妨げる行為をすることはできなくなります。これら遺言執行に関する費用は相続財産の負担となります。なお、遺言により予め遺言執行者を指定することも可能です。

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


遺言の執行に関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す