相続の基礎知識 - 負債(借金)の相続や相続放棄について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > å€Ÿé‡‘

借金

負債(借金)の相続や相続放棄について

被相続人の財産を整理していると実はマイナスで、借金の方が多かったということもあります。借金まで受け継ぎたくない場合は、相続人全員で家庭裁判所に家事審判申立書を提出します。

また、限定承認をせずに、マイナスの財産を相続しないようにするために、相続の放棄をすることができます。これは、相続人がほかの相続人である老後の母親に遺産を譲りたい場合や、家業の継承者のために遺産を残しておきたいという場合に有効な方法です。このような場合には、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出します。この申述書には許可を得る必要はありません。

しかし、相続放棄をしても生命保険金や死亡退職金は受け取ることができます。なにもしなければ単純承認といってプラス財産もマイナス財産もすべて受け継ぐことになってしまうので、気をつけましょう。また、相続の放棄は自身の相続開始を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述書を提出しなければなりません。3ヶ月の期間内に何もしなかった場合は相続を承認したとみなされますので、注意しましょう。

相続放棄に必要な書類は以下のようになります。

  • - 相続放棄の申述書1通
  • - 申述人の戸籍謄本1通
  • - 被相続人の除籍(戸籍)謄本,住民票の除票各1通

事案によっては、このほかにも資料が必要になることがありますので、申述する家庭裁判所に確認のうえ、提出に行ってください。相続放棄の手続きが完了したら、相続放棄受理証明書の交付を受けます。債務者へ対抗する時や名義変更の時に必要となるので保管しておきましょう。

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


借金に関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す