相続の基礎知識 - 遺贈

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > éºè´ˆã¨ã¯

遺贈とは

遺贈

遺贈(いぞう)とは、遺言によって財産を他人(法人でも構いません)に無償で与える(贈与する)ことを言います。遺贈によって利益を受けるひとのことを「受遺者(じゅいしゃ)」と言います。

このうち、遺言によって財産を推定相続人に与える場合には、遺言に「相続させる」旨を明記することで、「遺贈」ではなく「遺産分割方法の指定」をしたものと解釈されます。要するに、元々相続することのできる立場にある推定相続人に与える場合には、「あげる」という意思表示をしたのではなく、「遺産をこの分け方で分けなさい」と指定したものとみなすということです。なぜこのようなことをするかといいますと、「贈与」と「相続」では、様々な手続が異なり、一般的に「贈与」より「相続」の方が受け取る人にとって有利であることが多いからです。

まとめると、推定相続人以外の第三者に遺言によって財産を与える場合は「遺贈」となり、推定相続人に遺言によって財産を与える場合は、遺言の書き方によって「遺贈」または「遺産分割方法の指定」となります。先に述べたように、「遺贈」と「遺産分割方法の指定」では様々な手続が異なりますので、ご自身で自筆証書遺言を作成される際は十分にご注意ください。

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


遺贈とはに関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す