相続の基礎知識 - 相続人の特定

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > 2.1 相続する人(相続人)を特定する

2.1 相続する人(相続人)を特定する

相続人の特定

第1章でも述べましたが、「相続」とは、被相続人(死亡した人)のすべての権利、義務、そして財産を引き継ぐことです。これらの権利、義務、財産を引き継ぐ人のことを相続人といいます。相続税法においては、死亡した人のすべての権利、義務、財産を引き継いだ結果、相続人の「富」が増加した場合は、相続税を納める必要があります。

この相続人はどのように決まるのでしょうか。これは遺言書がある場合と無い場合で異なってきます。ここでは詳しく見ませんが、遺言書がある場合には基本的にそれに従い、遺言書がない場合には法定相続人が相続すると考えてもらえればよいと思います。

相続税の計算においては、この「法定相続人」がいくらの「法定相続分」を受け取るのかということが非常に重要になってきます。というのも相続税は「法定相続人が法定相続分を受け取ったとして相続税額を計算した後、その金額を実際に相続した人で負担する」という計算プロセスを取っているためです(詳しくは第3章でみます)。なぜこのように複雑な計算を行っているのでしょうか。遺言書を使って相続人を増やした場合を考えてみてください。相続人が増えると相続人一人あたりの富の増加はわずかになります。この時もし単純に一人あたりの富の増加に対して課税するとなると、ほとんど富は増加していないので税金の額はほんのわずかになります。するとどうでしょう、遺言書を使って相続人を増やすと、何もしていない時に比べて税金の額が低くなってしまいます。このようなこと防ぐために、相続税の計算は複雑になっているのです。

コラム:納税義務者について ところで相続人は「富の増加」に応じて税金を払わなければならないと今まで述べてきましたが、実は被相続人(死亡した人)と相続人がどこにいるのか、そして相続する財産がどこにあるのかによっては、相続人が税金を払わなくて済む場合があります。具体的な分類については、下記の表を見てください。ちなみに某大手消費者金融機関の創業者一族において相続が発生した際、この税金を払わなくて済む場合を利用したプランニングが行われました。これに対して国税庁は裁判で争ったものの結局国側が敗訴しました。そして創業者一族は税金を払わなくて済んだばかりか、国から仮払いしていた税金を「利子」つきで返してもらえたようです。その総額なんと2000億円。さすがは大手消費者金融といったところでしょうか。

相続人

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


2.1 相続する人(相続人)を特定するに関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す