相続について弁護士、税理士に相談できる日本最大級のQ&Aサイト!

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続の悩みを無料で解決!豊富な相続トラブル事例の解説と知識コンテンツを掲載

これから相続を考えている方も、相続が発生した方にとっても、相続の問題は難しいものです。相続税が発生しそうな方や事業承継を必要とする方は、節税対策に頭を悩ませたり、相続財産が家族の争いの種にならないよう思案されていることでしょう。また、相続が発生したものの、遺産がプラスなのかマイナスなのか把握できずに相続放棄の期限が迫ってきたという方もいらっしゃるでしょう。

「お助け相続ナビ」では、普段は費用が分からずコンタクトし難い弁護士や税理士などの相続のプロに無料で相談することができます。悩みを抱えている方は思い切ってご相談ください。さらに、相続Q&Aでは過去8,000件以上のトラブル解説を掲載していますので、あなたの悩みを解決する回答がきっと見つかるはずです。ぜひご活用下さい。

備えあれば憂いなし。相続の知識とルールを知っておくのが有利です。

無料相談ができる日本最大級の相続Q&A以外にも、相続の基礎知識コンテンツや相続税徹底解説も充実しています。相続の基本的な手続きの流れから、専門用語の解説まで、いざという時に知っておけば必ず役に立つコンテンツをご覧ください。

相談したい内容から専門家を検索

取扱業務から専門家を探す

弁護士、税理士への無料相談の実例 Q&A

代償分割で支払いがない場合
弁護士さんにお願いして、調停をする可能性があります。
不動産に相手方も代償金を支払うとなったとします。
相手に相続させると判決が出た後、
その後、実は払うお金がないと相手が言い出したら
どうなるのでしょうか?
弁護士/税理士の回答
共済金を受け取り拒否してほしい
今年に入って母が亡くなり、県民共済の死亡保険金の請求手続きをしていたのですが、戸籍謄本を取り寄せたところ母が一度結婚していたらしく子供が2人いる事がわかりました。今までそんな話聞いた事なかったですし、寝耳に水の状態でショックです。保険金も三分の一ずつになると言われ、連絡先などもちろん知らない人達なのでどうする事も出来ず、看病をしてきたのは私なのに腑に落ちません。父も亡くなっているので本来なら一人っ子である私が満額受け取るようになっていました、どうにかなりませんか?
弁護士/税理士の回答
限定承認と法人解散
父の相続に関して、現在限定承認か相続放棄かで検討中です。

父は生前会社を経営していましたが、亡くなる数年前に兄が法人を引き継いで代表取締役社長に就任し、私は取締役になっています。
兄は会社を精算する方向で考えていますが、法人を解散させることは父の遺産でもある自社株を処分することにあたり、限定承認や相続放棄できなくなりますか?
ちなみに、自社株の価値は0ですが、父は200%保有していました。価値が0の自社株を目録にあげ、どのように換価すればいいのか、その扱い方もよくわかりません。
ご回答よろしくお願い致します。
弁護士/税理士の回答
限定承認と養老保険名義変更
父が亡くなり、限定承認にするか相続放棄にするか熟慮期間中です。
これから満期を迎える養老保険についてお伺いします。
契約者、被保険者、満期受取人が私。死亡保険金受取人が父。
保険証書上、契約者は私になっていますが、保険料の払い込みは父が一括で支払っています。

死亡保険金受取人名義を兄に替えてしまったのですが、もう単純承認するしかありませんか?
弁護士/税理士の回答
相続同意書
遺産分割協議書作成後、協議書に記載のなかった太陽光パネルについて、相続同意書を作成して相続することに問題がありますか?
弁護士/税理士の回答

被相続人の死亡から遺産の相続まで

亡くなった人の財産を遺産といい、一定の範囲の家族や親戚が引き継ぐことを相続といいます。もしあなたの家族が亡くなった場合、まずはお通夜や納棺、葬式の手配、お墓の調整、行政手続きなど、やるべきことが押し寄せてきます。故人を想う余裕もなく、たくさんのイベントをこなさなければならないので大変な労力が必要です。しかし、相続に関連する作業はこれと同程度、またはそれ以上に大変な作業だということをご理解いただければと思います。

相続すべき遺産がある場合もそうでない場合も、故人の遺言の確認(検認)、保険や預貯金、株式や不動産等の資産の調査、離婚歴がある場合には前妻・前夫の子ども、場合によっては過去の愛人やその子どもについて調べる必要まで発生してきます。現金以外の財産についてはデューデリジェンス(価値の査定)が必要ですが、課税方法が複雑なため素人が理解し独力で取り組むには非常に面倒な作業です。時間の取れないビジネスパーソンの方であればなおさらです。

少しでも財産が残されていて相続人が複数いれば、どうしても緊張や争いが生まれるものです。個人の意志や法律にのっとって、円満かつ円滑な相続を実施するためには、このサイトを訪問してくださったあなた自身がが基礎的な知識を持つことが重要です。お金の動く相続は綺麗事では済みません。当サイトに数千件以上も蓄積された弁護士・税理士の先生による相続Q&Aの事例によれば、残念ながら相続には少なからず汚い家族や親戚との戦いという不幸な側面が存在することも事実です。あなた一人だけが損をしてしまわないように、お助け相続ナビをご活用下さい。

相続税の基礎控除額

相続税は、相続が起きると必ず払わなければならないものではありません。遺産相続の総額が一定額を超える場合にのみ支払いの義務が発生してきます。具体的な金額としては、3,000万円+(600万円×法定相続人の数)を遺産に係る基礎控除額といい、これを超える金額に対して相続税がかかってきます(平成27年1月1日~の場合。平成26年12月31日以前に被相続人が死亡した場合には、5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)が基礎控除額でしたが、近年増税されました)。例えば、相続財産が1億円で相続人が3人の場合の基礎控除額は4800万円になります。すると10000万円-4800万円=5200万円に対して相続税がかるというわけです。

相続税を申告する必要のある人は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に被相続人(死亡した人)の住所地の所轄税務署に申告する必要があります。必ず自分で申告書を取りに行かなければならないので注意しましょう。相続税を申告しなければいけないのに、申告をしないでいると、税務署から決定の通知があり、この場合、徴収額に対して15%の無申告加算税が課せられます。また、決定前ではあるが申告が期限後である場合は、その申告が決定のあることを予知してなされたものでなければ10%の加算税が課せられてしまいます。詳しくは、当サイト内の相続税徹底解説をご覧下さい。